仕事で感じているストレスに気づく|セルフチェックを活用しよう

対処法を考える

笑顔の女の人

職場にはたくさんの人がいるので、中には苦手だと感じる人もいることでしょう。しかし、だからといって関わりを持たずにいるわけにもいきません。そのような人とは、ある程度の距離を保って付き合いを持つようにしましょう。仕事だからといって苦手な人と深く関わりを持つようになると、過度なストレスを感じることとなります。仕事でのストレスを感じている原因がこうしたことであるといったことも少なくありません。人は、その人が苦手だと思うだけでストレスを感じるものです。できるだけストレスを感じることのないようなつきあい方を心掛けていきましょう。

仕事を行なう上で、全てのことを完璧に行おうと思っていませんか。仕事の全てを完璧にこなそうとすると、肩に力が入ってストレスをためてしまう場合があるので注意しましょう。常に気が張っている状態では、肉体的にも精神的にも疲れてしまいます。そうした状況では、逆に力を発揮することは難しいです。人間は完璧な存在ではないので、必ずどこかでミスが生じます。お仕事を100パーセント完璧状態に仕上げようとすることよりも、ミスが生じたときにどのような対処をするかを考えるようにしましょう。心と体にメリハリをもたせることで、自分の心に余裕を持たせてお仕事を行なうことができるようになります。ミスが生じても大丈夫だという感覚を持つことができるようになると、心に余裕を持ってお仕事をすることができるようになります。その余裕は、あなたの業務の能率を向上させることでしょう。

お仕事で結果が出なかったり、ミスをしてしまったときにいつまでもそのことを引きずってしまっては、ストレスが溜まってしまうことになるので気をつけましょう。終わったことをいつまでも引きずってしまうのは一つの性格であるため、引きずるなと言われてもそのことをなかなかできない人もいます。そのような人ができる唯一の対処法は、自分に常に言い聞かせることです。根気よくミスは引きずらないと自分に言い聞かせることで、ミスに対する考え方が変わってくるようになります。人間は機械ではないので、どこかで必ずミスを起こしてしまうものです。そのミスに対処する方法を身につけることで、ストレスを無駄に抱えることがなくなります。

あなたは自分の考えに固執しすぎていませんか。組織の中にいるときには、考え方に柔軟性を持たせることが大切になってきます。こうすべきという何か強いものを持っていると、どうしても周囲との関係を良好なものにするのが難しくなってしまいます。このことも、仕事でストレスを抱える原因の一つとなります。自分の意見の全てを変える必要はないのですが、相手の意見に耳を傾けることは重要なのではないでしょうか。