仕事で感じているストレスに気づく|セルフチェックを活用しよう

上手に回避する

悩む女の人

女性が仕事で感じるストレスの一つに、上司からのセクハラがあります。職場での強い立場を利用したセクハラ行為は、許されるものではありません。セクハラを受けると、不安と恐怖で強いストレスを感じるようになります。ひどいときには、朝起きることができなかったり、仕事が手につかなくなってしまうことがあるのです。現在は、女性の社会進出が以前に比べて当たり前になってきましたが、まだまだ女性差別が根強く残っています。そのような状況においては、女性がストレスを感じることのないような職場環境を構築していくことに企業が積極てきに取り組んでいくことが大切です。企業は、職場環境をより良いものにして、従業員がストレスを感じることなく働くことができる環境をつくる義務を負っています。働く女性も、セクハラや女性差別を受けたのであれば、一人でその悩みを抱え込まないようにしましょう。一人で問題を抱えても解決する可能性は低いです。その悩みを信頼できる友人や家族などに相談することで、心が軽くなり、解決に向けた行動を取ることができるようになります。お仕事に関しても、女性は男性以上にストレスにさらされる場合が多いので、完璧にやり過ぎないようにして心と体を疲れさせないようにすることも大切になります。ときには、ゆったりと過ごす休日を作っていきましょう。

仕事とストレスは切っても切れない関係にあります。このストレスと上手に付き合うことができないと、日常生活にも影響をおよぼすことがあるので注意が必要です。そのため、自身のストレスの状態を常に把握しておくようにすることは重要です。仕事でのストレスが原因で、充分な睡眠がとれないという症状を持つ人はたくさんいるのです。私たちは、お仕事をしなければ生活をしていくことができないので、こうしたストレスと上手く付き合っていく方法を考えなければなりません。例えば、職場の上司からの指導が厳しい場合、指導の内容が正しくても、指導のやり方によってはストレスを感じてしまうこともあります。上司からのことばを受け止めることはもちろん大事ですが、ときには聞き流すことも必要です。物事の問題を真正面から受けてしまう人は、そのストレスに押し潰されてしまうことも多い傾向にあります。上司はあなたを落ち込ませるために指導しているのではありません。あなたの成長のために指導しているのです。指導によって大きなストレスを感じてひどく落ち込んでしまっては成長に繋がりませんよね。指導に対する柔軟性を持って、ストレスを上手に回避しましょう。